www.tuftdesign.com

外国為替取引市場としての外国為替証拠金取引を、詳しく追求してみます。FX(外国為替証拠金取引)とは二つの異なる国のお金をやり取りしてその差額の利益をもらうといった仕組みなのです。このような二つの異なる国の貨幣の中で生まれる差益の金額をスワップ金利といいます。こういったスワップ金利とは、正式にはスワップポイントというようです。このスワップ金利(スワップポイント)とは、毎日でも獲得する事ができますけれどもレートの動き次第で異なってくるのだそうです。こういったスワップ金利(スワップポイント)の獲得を目的に外国為替証拠金取引(FX)の為替取引を行っている人々もたくさんいます。スワップ金利は、FX業者によっても違いがあるので少しでもスワップポイントが高い取引業者を利用したいものです。ただしスワップポイント(スワップ金利)は為替レートが変わってしまうと一緒に動くので気をつけてください。同時に、取引を行うにはグラフを読むのが必要になるのです。チャートを読める事で、為替のトレードの動き方を理解する出来るようになるそうです。為替取引ビギナーの方が見たとしたら、何を示している図ですか?のように難しく感じるかもしれませんがポイントを抑えておくことによって図表を理解する事が可能になるみたいです。どのタイミングで円が上昇しているとか下降するだろうとかこの時が一番円安などとこのチャートを読める事で判別する事が出来るようになり為替トレードを行うためにはかなり便利な情報となるようです。ここで言うグラフは日本では一般的にローソク足(陰陽足)が使われるのが普通で名前の通りローソクの形に似た図で作られています。このローソク足(陰陽足)によって、高値と安値、かつ終値か始値等を表現していてグラフの上で多様な形状となるのです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.tuftdesign.com All Rights Reserved.