実際のところどういう計算

借金などの引き落し内容はカード会社の方針によってだいぶギャップがありまして、多様な方法が取り入れられております。80-12-31

類型的なところではスライド方法やリボ払い方式などが選ばれているようです。80-2-31

またこういった多くの人が知ってるリボ払いですけれども、本当を言えば算定法にはいろんな種類といったものがあったりします。80-14-31

また其の方法によって引き落し金額が違ってしまうのですから理解することで損はないと思います。80-16-31

じゃあ簡便に両者のやり方の違いを説明しましょう。80-18-31

ひとつは元金均等払いでその次は元利均等払いというものです。80-19-31

両者はその名を冠する通り、元本について均分にして返済していくのと元本と金利についてをつごうで均分に支払っていくという様式になります。80-11-31

ここではもしも10万円をカードキャッシングしたというように、実際のところどういう計算をするか試してみましょう。80-15-31

利分はどっちも15%と設定し考えます。80-13-31

更にまたリボルディング払などの金額は1万円というように計算します。80-6-31

取りあえず元金均等払いです。

かかる時の1回目の支払に関しては1万円に対して利子分の1250円を加えた引き落とし額になります。

その次の引き落しについては1万円に対して金利1125円を加えた支払額となるのです。

こういったようにして10回にて支払いを終了させるといった様式になります。

これに対して元利均等払いというものは1回目の引き落しは1万円で元本へ8750円、金利に1250円といったようにして割り振りをします。

次回の引き落しは元金が8750円に減少した状態で利子を計算しその1万円を更にまた割り振るのです。

つまり、元利均等払いの場合では10回で引き落しが完済しない算定になります。

これだけのずれで両方がいかに変わっているかが十分に分かって頂けたことでしょう。

元利均等は元金均等と比べ、明白にもと金が減少するのが緩慢といった欠点といったものがあったりします。

要するに利息を余分に払うと言う状況になってしまうのです。

一方ではじめの引き落しが些少な額で落ち着くというようなメリットというものも存在するのです。

かかる支払い方式に関しての相違により、返済額というものは異なってきますから自身の好みに合った方針を取るようにしてみてください。

コンテンツ

Copyright © 1999 www.tuftdesign.com All Rights Reserved.