www.tuftdesign.com

「スプレッド」とはFX取引は通貨を取引して儲けを上げる商取引です。売買の注文の値段は1日中上がったり下がったりします。これが為替です。テレビのニュースをみていると為替相場のニュースが流れる時があります。たとえば、「本のマーケットは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。これは80円50銭から80円52銭の間で売り買いされているという事を表しているのではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを意味しています。別の表現をするとトレードには買値と売値の両方の価格があります。売値のことをBID、買値のことをASKと表示するFX取引会社もあります。売値のほうが買値よりも小さくなっています。投資家が買値は高く、売値は低くなるのが一般的です。その差額をスプレッドといい、取引業者の収益となっています。スプレッドは業者によって異なります。スプレッドの幅は自分自身にとって費用になるので、小さいFX取引会社を選択したほうが得です。ただし、同じFX取引会社でも状況に応じてスプレッドの差は変動します。もしいつもは円とドルの組合せでわずか1銭のスプレッド幅であるとしても、為替相場の動きがかなり大きい場合には1銭よりも大きくなったりするのです。ですから、スプレッドが低いのと変化が小さいということが肝心です。近頃では決まったスプレッド幅を見せるFX会社もいくつもあります。現実にFX会社の注文画面上で実際のマーケットを調べなければ見分けられないので億劫ですが、とても重要なことです。多額の財産を賭けて売買をするのですから本物の注文の前に、関心があるFX業者の取引するための口座開設をどんどんして、提示されているスプレッドの広さを点検しましょう。同じ通貨でも、その瞬間の為替の変動率によって通貨のスプレッドの差は変わります。通常、インターバンク市場で取引高が多い通貨の組合せではスプレッドの広さが狭く別の通貨ペアではスプレッド幅が大きくなる事が多いです。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.tuftdesign.com All Rights Reserved.