残業のあとの1杯がたまらない

会社員の頃、残業はとても嫌なものでしたが、ちょっとした楽しみもありました。

どうしようもなく忙しい時期の残業は、のんきなことなど言ってられなくて、1分1秒を惜しんで限界まで残業しました。

でも、そんなに切羽詰まっていない残業の場合だと、夜8時くらいになると誰からともなく「1杯いくか!」という流れになります。

私は、お酒が大好きだったので、この一声が聞きたくて残業をしていたのかもしれません。

しかも、ちょっと残業した後の生ビールって美味しいんですよね。

ほとんど、週に3回は、このパターンで夕食を済ませていたものです。

同じ職場の仲間と、しょっちゅうこうやって夕食をかねた1杯をやっていると、だんだん家族のような気分になってきます。

だって、始業開始の朝9時から夜11時頃まで、ずっと一緒にいるんですよ。

本当の家族よりも親密になってきますよ。

でも、こんな風に楽しく残業をできたのも、良い仲間に恵まれた楽しい職場だったからだなと思います。

今は、専業主婦ですが、あの頃はいい思い出です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.tuftdesign.com All Rights Reserved.