入れた分についても赤字が生じてしまいます

一般的なビギナー向けのFXの書籍では「損失を被った時はナンピンをすることで全体の買い付け価格を下げる」等アドバイスしていますが、現実的にはナンピン買いには危険が隠れています。多汗症克服

まずは、ナンピンの理屈について述べておきます。クリアネオ 口コミ

仮に1ドル=100円でドルを買ったとします。臭ピタッ 口コミ

ドル買いだから円安ドル高に進むほど利益が大きくなるわけですが1ドル=95円まで円高方向に触れたとします。ベッドカバー 可愛い 安い

そのまま保持し続けたとしたら、マイナスをなくすためには、ドル安になった分、ドル高に向う必要があります。リンクス 脱毛 未成年

誰でも、損失は早く戻したいと考えます。

そこで最初に売り買いしたのと同じ分の$(ドル)を、1ドル=95円で買い増します。

すると、平均のコストは1ドル=97.50円まで安くする事が出来ます。

2.50円の幅でドル高が進めば、損を取り戻す事が出来ます。

この流れがナンピンの理論です。

このように、ナンピンの原理を知ると、「確かに」と考えたりするが相場はそう簡単には上手くはいきません。

だいたい、1ドル=95円が底だということなど誰もわからないのである。

外国為替市場が強い円高ドル安の流れであるならば、1ドル=95円ではとまらず、より一層円高ドル安に向う確率は高いです。

一例として、97円50銭でナンピン買いをしたにもかかわらず、1ドル=95円まで円高ドル安になっとしたならばナンピンを入れた分についても赤字が生じてしまいます。

この状況では、初めに保有したポジションとあわせて、2倍の為替差損を被ります。

例示したとおり、ナンピンは大変です。

であるなら、相場が自身の筋書きとは別の方向にさっと向ってしまった場合どの対応で危険の確率を避ければいいのでしょうか。

そこで取れる道は2つ。

まずはじめは潔く、損切りをすること。

もうひとつの選択肢としてはその段階で、自分が所持しているポジションを縮小することによって、外国為替市場が戻るのを大人しく待つことだけです。

かなり受動的なやり方だと感じる方もいると思います。

だけど、自分が所有している買いポジションに差損が生じた場合最も危険の少ない術はこれ以外には考えられません。

当然、理論上は、ナンピン買いをしてみる方法もあるように思えます。

しかしながらナンピン買いはあなたがマイナスになっている場面で買いポジションを減少させるどころかそれとは逆に買いポジションを積み重ねていく考え方です。

この手段では、危険性を避けることなどできないと考えるべきです。

ナンピンをし続ければいずれは勝てるかもしれません。

しかし、その前に投資資金はショートしてしまうだろう。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.tuftdesign.com All Rights Reserved.