違っていますが

外国為替証拠金取引(FX)の投資をする上での対象は、世界各国の流通通貨があります。76-14-71

公式通貨についての知識を学んでみたいと考えています。76-15-71

・公式貨幣には「基軸通貨」という名称で称されている公式通貨がございます。76-12-71

基軸通貨というのは、決済そして金融の取引に関して主に利用される公式通貨のことを言いますが今は米ドルであります。76-1-71

昔日は£(イギリスポンド)基軸になる通貨でしたが、終戦後は$(アメリカドル)ドル(アメリカドル)なるに至ります。76-7-71

・FXを使用して流通されている通貨の種類は、他で言うところの外貨投資に比較してみた時格段に多いというのが特性なのです。76-8-71

FX企業間により扱う公式貨幣の種類に関しては、違っていますが、普通では20種類前後あるようです。76-16-71

20種類の中でも動きが高い貨幣を、メジャー通貨と呼びます。76-20-71

変動が大きいというのは売り買いがたくさん実行されておるという事であり、流通通貨の売り買い簡便なという事を意味します。76-5-71

重要な通貨には上記で述べた基軸通貨である米ドルに、¥(日本円)¥(円)、ユーロ(?)3つの通貨があげられ世界三大通貨と名付けられております。76-13-71

英ポンド、ニュージーランドのドル、カナダのドルなどが準メジャー通貨と表されています。

これら以外の流動する性質が少ない通貨に関してはマイナー通貨と言われて比較的国力や経済の力が乏しい国での公式通貨で、南アフリカランドやシンガポールドル、メキシコペソなどが重要な通貨は行き渡りしている数量が多量ですという事もあり値動きが静止していてニュースの量も多いとのことです。

マイナー通貨に関しては、金利が高い通貨という事が多く、値の高安が大きいみたいです。

値の変動が激しいという事について甚大な利益を受け取るタイミングがありますがチャンスがあるだけマイナス要因も大きく、おぼつかないでしょう。

加えて流動する性質が小さい公式貨幣ですので終了決定したいと思っている時により終了決定が及ばない状態になり得る事があるのです。

どの種類の通貨をえり好みするのかという事は別々の公式通貨の属性を十分に吟味してからにする事は重要であると思いました。

コンテンツ

Copyright © 1999 www.tuftdesign.com All Rights Reserved.